Day by day step

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

判断するための項目、項目の状態、リスクと対策 をあらかじめ考えておけば判断できる

ビジネスは判断の連続。とも言えるかと思います。

 

『もしAがBになったらCをする。その時のリスクはDで対策はE』

『もしAがFになったらGをする。その時のリスクはHで対策はI』

 

の様に、

 

1)判断するために必要な項目の抽出と、

2)その項目がどの様な状態を示したら判断可能か。

3)その判断の結果想定されるリスク

4)リスクへの対処方法。

 

あたりを検討、準備しておくと、必要条件に応じてどんどん意思決定できるのかと思います。

 

大きな案件になると複雑になっていくかと思いますが、基本は変わらないのではないでしょうか。