三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

効率よく仕事をこなす自己流小技

自己流ですが挙げてみます。

お役に立てば幸いです。

 

  1. 用件が発生した時点でメモやTo Do listに必ず残す。
    「あっ、これやらなきゃ」という案件が発生して覚えておくつもりが、新しい別の案件が発生している内に元の案件を忘れてしまう。。ということが起こります。
    僕の場合、小さなポストイットを透明な下敷きにどんどん貼っていきます。
    今日中にやるべきことは手前、数日後や来週でもよい事は奥の方に貼ることで仕事の優先度の管理も出来ます。

    ポスト・イット 強粘着見出し 50x15mm 90枚x5個 蛍光 700SS-NE

    共栄プラスチック PET透明下敷き B5判 P-8010

     

  2. すぐメールの返事を書く。
    返信を求められるメールというものがありますが、回答する内容がほぼ決まっている場合には、すぐ返事を発信します。後回しは時間のロス。

  3. 電話をよくかける。
    直接相手と話す抵抗感からメール中心のコミュニケーションになりがちな人も散見されますが、電話だと1分くらいで用件が済むことが多い。
  4. すぐやる。後回しにしない。
    これ、後でやろう。と思ったこともその時に10分ぐらいかけてやれば終わることが多いかと。5時間後回しにして10分かけてやるなら、その時点で10分かけてやった方が良いかと。
  5. 先回りして判断の準備をしておく。
    判断を求められた時には、判断の根拠を調査したり、考える必要があります。
    あらかじめ「どんな判断が求められる可能性があるか?」「その判断が求められたとしたら何を根拠に判断するべきか?」を事前に考えておくと、必要な情報を事前に収集しておくことができますし、「もしAがBだったら結論はC、AがDだったら結論はE」という様に、今後得られるであろう情報が変化した場合にどの様な判断を下すべきかあらかじめ準備することができます。