三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

ツール・ド・美ヶ原2010 参戦メモ

  • 前日受付
    • 小雨でした。ステージではプロ選手によるヒルクライム講座が行われていました。受付をすませ、チームメンバーで軽く『明日はがんばりましょう会』して夕方に帰宅。



f:id:VENTi:20100626140839j:image
f:id:VENTi:20100626140929j:image
f:id:VENTi:20100626140939j:image
f:id:VENTi:20100626140948j:image
f:id:VENTi:20100626141021j:image
f:id:VENTi:20100626141344j:image
f:id:VENTi:20100626141354j:image
f:id:VENTi:20100626141929j:image
f:id:VENTi:20100626143247j:image
f:id:VENTi:20100626151255j:image





  • レース当日
    • 4:45 起床
    • 5:15 出発
      • 近くのコンビニで朝食、ドリンク、補給食を購入して食べながらいどう。
    • 6:00 またコンビニ
      • お腹が痛くなって緊急ピットイン。
    • 6:25 会場到着。
      • 本郷小の駐車場がいっぱいで、総合体育館に停めました。
    • 6:45 荷物預けをあきらめる。
      • 6:45までに荷物を預けると車でゴールまで運んでくれるサービスがあり、普通は寒い山頂で着込むための装備や食べ物を預けるのですが、数年ぶりのレース出場でタイムスケジューリングを誤り、まぁ普段はサイクルジャージ背中のポケットに入れてるし、いっかーと思って荷物預けをあきらめてのんびり準備することにしました。
    • 〜7:53 ウォーミングアップ
      • 準備完了後、市営球場の周りをぐるぐる走ってウォーミングアップ。
    • 7:53 スタート
      • スタートして少ししたら、隣を走っている選手に名前を呼ばれ、『えっ?』と思ってみたら高専時代の同級生、Fシマくんが走ってました。『おぉ〜!!久し振りだねぇ!!こんな所で再開するとは思わなかったよ〜!!』と、激坂の入口まで会話しながら走行。
      • 普段は登り切りますが、適当なウォーミングアップで太ももギブアップのため、激坂途中から降りて押しました。
      • 『美鈴湖まで3km』の看板から再び乗車。
      • 美鈴湖手前で本郷小学校の太鼓の応援!!これすごい!!感動しましたっ☆
      • 美鈴湖過ぎから武石峠までは、常に太ももと相談しながら登頂。『これ以上踏んだらゴールまでもたないだろうな〜』とう所の一歩手前くらいを目指してみました。
      • 残り5km。気温はぐんぐん下がり、視界は霧で悪くなり、早い時間にゴールした人は下山を始めていた状況。ここも淡々と走行してゴール!!ゴール後、今度は会社の元同期、Tニシくんにも遭遇。スタートとゴールで奇しくも数年ぶりな友人に遭遇するという不思議体験がありました。
  • リザルト
    • 記録速報
    • 02:06:06・・・まぁ今回の練習量ではこんなもんです。。扇沢ヒルクライムx2 練習の合計タイムがほぼこれに近いので、練習通りと言えると思います。