STEP

Since 2004

「備えあれば患いなし、誰よりも早く備えを始めろ」

ビジネスにおいて、数週間後、数か月後、数年後の「先を読む」力が必要だなぁと最近よく感じます。

これから先、どの様なことが起こるかを予想した上で、その予想した事象に対して自社で取るべき行動を備えることができるからです。

それができないと場当たり的な対応を取らざるを得ず、自社で取り得る対応が間に合わないと大きな痛手を被ります。

 

「備えあれば患いなし」という諺がありますが、まさにその通りで、ましてビジネスにおける「将来予測されるリスクへの備え」という行動は1日や2日でできるものではなく、数か月や数年単位の時間を要する場合もあります。

 

「備えあれば患いなし、誰よりも早く備えを始めろ」が大事なんだと思います。

 

備える行動をどれだけ早く始められるかで将来の結果は大きく変わってきます。