三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

2013.3月購入。アクセラ(Axcela/Mazda3)スポーツ15S特別仕様車(パールホワイト)レビュー/評価

 

f:id:VENTi:20130504114134j:plain

f:id:VENTi:20130504114205j:plain



 

購入しました。

この前に乗っていたのは2004製のアテンザスポーツワゴンでした。

9年、157,000kmを経て、3月に営業さんからの勧めを受け買い替えを決断しました。

アクセラ15S特別仕様車は、 リアスポイラー、ホイール、ブラックミラーなどのオプションが複数装着された状態で、 オプションが装着されていない標準仕様車と同じ車両本体価格179万円というものです。 さらに値引き交渉もしました。

約1ヶ月、1,000kmを走行した感想をいくつか挙げてみたいと思います。 ご参考になれば幸いです。

 

コストパフォーマンスいいっしょ!

これに尽きると思います。この価格で得られるものとしてはデザインやあらゆるものを含めて総じて満足です。

 

右左折時の旋回がスムーズな印象

前に乗っていたのがアテンザスポーツワゴンだったというのが大きいかと思いますが、 交差点を左折する時などの様な、 減速→旋回時の旋回がスルッと軽い印象を感じました。

 

1.5Lエンジン+CVTはアクセル操作に慣れれば燃費も良く問題なし。

CVTのギアレンジが広いお陰か、加速はアクセルを踏めばそれなりに加速するので特に不満はありません。 エンジンにかかる負荷に応じてギア比が自動的にどんどん調整されるため、 スピードはほとんど変わらなくてもエンジン回転数が下がる様な状態もありますが、 要は出したい車速に応じてアクセルを踏む量を調節するだけなので、 特にCVTだから特別何か困るということはありませんでした。 これまでの平均燃費の実績は約14.7km/Lくらいです。

 

特別仕様車に装着されている大型リアスポイラーがアクセラのデザインを際立たせる。

個人的な感覚ですが、 スポイラーなしや小型のスポイラー装着状態だと バンパー周辺部が少しポッコリと飛び出る様な印象を持っていたのですが、 特別仕様車に装着されている大型のリアスポイラーのお陰で、バンパー部のポッコリ間とのバランスが上手くとれて、 リアのデザインバランスを上手くコントロールされている様に感じます。

 

パールホワイトはボディ部とバンパー部の色味の違いが残念。

ボディが金属で、バンパーがプラスチックで、 基材の材料色が違うため技術的に仕方ないと言われている様ですが、 特に曇りの日にボディとバンパーの色味の違いを感じます。 バンパーの方が少し黄色っぽく見えます。 パールホワイトご検討の方は商談時に一度この色味を確認しておくことをお勧めします。 晴れの日や、見る角度や、場所によっては色味の違いがほとんど分かり難くなりますので、好みが別れる所かと思います。 まぁ、仕方ないかと思ってます。

 

標準スピーカーでもナビのオーディオ設定をいくつか変更すると音質がかなり改善!

メモリナビにしましたが、ナビのオーディオ設定画面から、 ラウドネス設定をオンにして、 イコライザの設定を変更したところ、標準のスピーカーでもかなり満足のいく音質にすることができました。

 

スマホとナビをBluetooth接続して、スマホの曲をナビ経由で再生する環境が快適。

スマホ時代の音楽の楽しみ方ですね。 これ、快適です。 スマホソニーXPERIA AXを使っていて、Music Unlimitedというサービスを使ってオフラインモード再生という昨日を使ってスマホに音楽をダウンロードしてます。

 

ネットを調べると、 アクセラは2014年にフルモデルチェンジを予定しているそうですが、 2013年中に購入を検討している方には良い1台に成り得ると思います。 この価格帯の比較対象と言うとスバルのインプレッサや、トヨタのオーリスあたりでしょうか? アクセラとこれらの類似価格帯のモデルを比較した場合どうなのかという点は未経験なので何も言えませんが、 アクセラ15S特別仕様車を購入して良かったと思っています。

 

2014.3.11追記

購入から約1年経過。

やっぱりコスパ良いと実感。

(時と場合によってはどことなくレクサスっぽく見えることもありますし(笑))

あらためて振り返ってみると、

2013の夏頃には、このブログのアクセラの次の世代の新型のアクセラが発表されていましたので、

「モデルチェンジを目前に控えた現行モデルの在庫消化最終販売」っていうのが今回の「特別仕様車」だったのだと実感。

 あれこれオプションがついてもお得な価格になるカラクリはここにあったのかなと推測してます。

「新型モデルのデザインが気になり、現行モデルの特別仕様車を買おうか、次の新型モデルを買おうか迷う」という方は、ネットを検索すると「試作段階で海外の街中を走る覆面カラーリングが施された発表前の次期新型モデルの写真」がけっこう簡単に見つかります。

僕もそれが気になり、調べてみたらさほど苦労せずに発見できました。

2013.3月の時、そこも検討した上でこのタイプのアクセラ購入を決断しました。