水筒に入れたコーヒーの酸味を抑えて美味しく飲む方法 その2

以前、下記のエントリーを書いたことがあるのですが、

2009/09/02 水筒に入れたコーヒーの酸味を抑える方法 - Day by day step

続編として書いてみたいと思います。

自己流のやり方ですが参考になれば幸いです。

 

1.良い水筒を使う。

水筒のパッケージを見ると「*℃を*時間保温可能」という表記があります。ここで比較してより高い温度、長い時間保温可能なやつを選びます。それほどたくさんの種類を比較したことがありませんが、僕は象印の水筒を4年くらい使っています。

 

2.コーヒーを選ぶ

お好みですが僕はKEYCOFFEEが好きです。

キーコーヒー 缶スペシャルブレンド 340g

 

3.コーヒー粉の量を調整する。

コーヒーの種類によって調整する必要があります。これはトライ&エラーで自分好みの量を探す必要がありますね。

 

4.コーヒーを入れる時に水筒の内側を蒸気で温める

コーヒーメーカーでドリップすると、最後に蒸気がブワーッと出るかと思います。この時、水筒の口を下に向けて蒸気を水筒内部に入れています。こうすることで水筒内部を温めることができます。

 

 

美味しいコーヒーが飲めますように。