モノづくりは感性で攻める。

設計行為を行う以上、仕様やスペックというものは必要なのですが、人の心に響く製品というのは作り手の思いが製品に込められた物なのだと思います。

それは仕様を満たしていても、もう一歩突き詰める領域。そこをどれだけ攻められるかが勝負どころなのではないかと思います。