三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

『男の日傘』は流行るかもね。名付けて『日傘男子』。

[rakuten:kasaya:10000641:image]

憂楽帳 - 毎日jp(毎日新聞)

の記事を発見してピンと来ました。


なぜなら、まさに先週「男の日傘」を実践したから。


8/10の台湾出張の日、自宅から最寄りの信濃常盤駅まで徒歩15-20分。

リュックを背負い、コロコロカバンを引っ張りながら自宅を出発して50m。

照りつける日差し。

このまま駅まで歩くのは危ないと思い、折り畳みの傘をさして駅まで歩きました。

正直、恥ずかしさはあったものの、

かといって、

羽田空港まで行ってそこから台湾へ向かう道中の序盤でダメージを負う訳にもいかず、頑張って日傘男子を貫きました。


結果、少し風もあったお陰でなかなか快適。

パーソナルな日陰ができますから。

それでも汗はかいたので、もし傘を差さずに歩いていたらもっと大変だったかなと。

傘を差す覚悟は必要ですが差してしまえばこっちのもの。


「日傘男子」


流行るかもね。