三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

使いたいWindowをショートカットキーでパッと切り替える


Windowの切り替えのショートカットキーとして、


Alt + TAB


をよく使っています。

Altを押しながら、TABを押す毎に、切り替えるWindowの候補が選択されて、Altを離すと、選択されたWindowがアクティブになります。


他にも


Ctrl + Alt + TAB

Windows key + TAB (Windows VISTA)

Windows key + Ctrl + TAB (Windows VISTA)


とかありますが。




今日紹介する方法は、



Alt押しながら、TABを1回だけ押して、離して、


Altはそのまま押しっぱなしで、


目的とするWindowを、マウスでクリック。



です。



Windowが少ない時は、Alt押しながら、TABを数回押すことで切り替える方法で問題ないと思いますが、たくさんWindowを開いている時は、マウスで直接、アクティブにしたいWindowをクリックした方が早いかと思います。



右利きの人の場合、


左手でAlt + TAB、右手でアクティブにしたいWindowをクリック



により、下に埋もれているWindowも、一発でアクティブにすることができます。