三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

livedoor

仕事終了後、今日は久しぶりに松本市、島内のフィットネスクラブSAMで汗を流す

SAMに着いたら既に9時近かったので、筋トレは諦めてエアロバイクに専念。

メニューは

 15分かけて徐々に心拍を150程度まで上げ

 その後6分は心拍170〜180

 その次の6分は心拍150

 このサイクルを繰り返して、

 ラストは15分かけてクールダウン

っという内容で、トータル90分頑張ってみた。

夏の自転車レースシーズンに向けて、今年は1月から始動している(つもり)

ダイエットも順調だし、体作りもまずまずと言ったところだろうか。

 

今日は話題の"Livedoor"について。

結論から言うと、僕は堀江社長に賛成だ。

もし違っていたら申し訳ないのだが、堀江社長の方針として、

より良いサービス、個々の顧客が必要とするコンテンツを、タイムリーに、

提供しようという感じだと思うが、実際livedoorのブログをやってたり、

その他サービスを使っていると、これがまた使い易い、分かり易い。

ユーザーとして満足のいくサービスを提供してもらえていると感じる。

そのサービスをさらに充実させようとしているのだから、なぜ悪い?

 

結局今のテレビ、新聞などの既存のマスメディアの報道は、

今後のネット社会、メディア業界がどんな形態になっていくのか

(僕はそこに興味がある)

なんてそっちのけで、

ライブドア』 VS 『フジテレビ』の対決模様をおもしろおかしく盛り上げている

(僕はそんなことまったく興味がない)

に過ぎないと個人的に思う。

だから、夕方のニュース番組なんかより、


を見た。

 

そして政治家にも物申したい

なぜlivedoorのバッシングを公の場でするのか?

成長している会社が事業を拡大しようとして何が悪い??

 

裏の世界で、誰かが働きかけて、

 

発言をさせているように見えるのは

僕だけではないと思う。

 

まして、規制をしようとするとは?

 

裏の世界で、大金が動いているのではと疑ってしまうのは

 

僕だけではないと思う。

 

それくらい今の政治家はうさんくさく見える。

国会中継で寝てる方もいるわけだし。

 

堀江社長が情熱を注いで、近未来のネット社会、メディア業界を

切り開こうと必死に頑張っているのに、

お偉い先生は、すごそこまで迫っているそんな近未来の社会の存在にすら気づかずに、

誰に頼まれたか知らないけど、ただただ『livedoorはけしからん』っと。。。

 

 

思うままに書きましたので、乱筆をお許しくださいませぇ。