三十代の暮らしぶり

1980年生まれ 37歳 妻と息子と3人暮らし

ブログ イタリア旅行記5日目 2004.10.3(日) 帰国

写真はこちら。
040928Itarytrip - My Photo life

4:30 予定通り起床。

5:55 部屋を出る。エレベーターに乗ろうとした時、どうもおれの部屋らしきところから電話が鳴る。
   あぁ、もう迎えに来たんだっと思って、そのままエレベーターに乗る。

フロントへ行くと、案の定フロントの人が電話をかけていて、おれの姿を見るなり切った。
もう迎えのドライバーが来ていた。

初日にフィウミチーノに来てくれたドライバーとはまた違う人。
でも、車はやっぱりベンツ(古いけど)だった。
帰りは途中他のホテルに寄り、別の日本人2人も便乗。

スピードは速かった。高速道路とは言え、140kmは出していた。

6:45には空港に到着。

搭乗手続きを済ませ、免税の申請も済ませる。問題なし。
ちょっとお腹がすいてきた。。。けど、財布にはもうほんの小銭だけ。

こっちの方が問題だ。
だけど、今更両替するのももったいない。
帰りのスイス→成田便の機内食まで我慢しようと心とお腹に誓う。
通常、飛行機の搭乗は、出発予定時刻の30分前には始まる。9:00を回り、そろそろ搭乗の時間。

もちろん、搭乗ゲートには到着していた。。。。が、、なんだか様子が変。
搭乗ゲートのモニターには旅行会社のロゴが表示されているのだが、スイスインターナショナルのはずが、なぜかアリタリア航空の表示がされている。
おっかしいっと思って、案内板を確認して見ると、おっと、ゲートが変わってる!危ない、危ない。。。。
無事、変更後のゲートに移動。

いよいよ、イタリアに別れを告げるときが来ました。

お昼頃、スイスチューリッヒ空港に到着。

日本時間では夜7時くらい。
家に帰宅連絡をする。
成田行きの便ではさすがに日本人が多い。
アナウンスも日本語付き。
あぁ、もう日本に帰るんだぁ。。。っと実感。

飛行機に乗るなり、腕時計を日本の時間に合わせる。

たしか20:00かな。

スイスから日本へのフライトは、追い風となるので1時間ほど早くて11時間。
とにかく、朝から何も食べていないので、機内食が待ち遠しかった。
待望の機内食は炊き込みご飯をメインに、サラダ、パン、デザートが。。。。最高に美味かった。

疲れもあり、よく寝た。

時差も踏まえて、11時間のフライトを終えて日本についた時には、10/4(月)の7:55.長野の実家に着いたのは15:00過ぎ。

濃厚な旅が幕を閉じた。



「イタリア旅行記」の検索結果一覧 - Day by day step